<   2008年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

那覇の大典寺でカウントダウンライブ

那覇の大典寺でカウントダウンライブ−餅つきや雑煮の振る舞いも

 那覇・松山の浄土真宗本願寺派「聖徳山大典寺」で(覇市松山1、TEL 098-868-3491)で12月31日の大みそか、「往く寿還る寿(いくとしくるとし)ライブ」が開催される。開催は今回で7回目。「大典寺カウントダウンライブ実行委員会」が企画した。

 那覇のコミュニティー放送局タイフーンfm(エフエム那覇、78.0MHz)で「マジカルミステリーツアー」のパーソナリティーを務めるオペラ歌手の田村邦子さんがホストとして毎年参加し、出演アーティストの人選も担当している。
 ライブは、ろうそくの灯りに包まれた本堂を会場に、藤井住職の読経と田村さんのアカペラによるコラボレーションで幕開け。田村さんのオペラ独唱のほか、松田一利さん(沖縄民謡)、ユキヒロさん(シンガーソングライター)のライブも行う。当日はライブのほか、餅つきや雑煮の振る舞い、除夜の鐘がも突ける機会も設ける。

  田村さんは「1年の締めくくりと新しい門出を、厳かな祈りの場所でコンサートできることがうれしい。毎年このライブを楽しみに来られる人も多くいらっしゃる。ぜひ来てもらえたら」と話している。
 開催時間は、21時=餅つき、ライブ=22時30分、24時=鐘突き。入場無料。ライブの模様はタイフーンfmで生中継する。放送時間は22時30分〜24時。
[PR]
by riptulip | 2008-12-24 21:28

まばゆい輝き取り戻す 修復中の東本願寺御影堂

 真宗大谷派の本山、東本願寺(京都市下京区)の御影堂の修復工事が完了するのを前に24日、内部が報道関係者に公開された。内陣の中央に置かれた厨子は金箔の金具が光沢を取り戻し、まばゆい輝きを放っていた。

 東本願寺によると、宗祖親鸞像を安置する厨子と須弥壇(両方で高さ5・8メートル、幅6・5メートル)は1年半かけて解体修理。2万点に及ぶ飾り金具は、梅酢でろうそくのすすを除去。漆も洗い、当初の質感が戻った。
 厨子の後方にあって浄土をイメージした巨大な障壁画の蓮池図(縦4メートル、横9・4メートル)は、にかわではく落を補修した。

 御影堂は世界最大級の木造建築で南北76メートル、東西58メートル、高さ38メートル。江戸時代に焼失し1895年に再建。親鸞の750回遠忌(2011年)に向けて04年3月、修復工事が始まった。来年7月には工事用の屋根をずらし、外観が現れる。
[PR]
by riptulip | 2008-12-24 21:26

140年ぶりに寺子屋復活 村山・願善寺に開設

 山形県村山市大久保の願善寺(溝辺和彦住職)が寺子屋を開設した。子どもたちが楽しく学び、遊ぶ中で地域と人とのかかわりを深める場となっている。

 寺と僧はかつて地域の文化を担う存在であり、江戸時代には医師や地主、武士とともに各地で寺子屋を開いた。願善寺の寺子屋も江戸時代に開かれ、明治に入って学制施行による大久保小学校開設時には当時の住職が初代校長を務めている。

 そんな寺子屋を約140年ぶりに復活させようと考えたのは溝辺住職。山形大工学部で機械工学を専攻し、精密機械メーカーに勤務するという異色の経歴を持つ溝辺住職は、61歳となった2005年に勤務先を退職、本山での修習を経て翌06年、正式に住職に就任した。寺務専念で取り組んだものの1つが寺子屋だった。

 「殺伐とした話題が多い昨今、子どもたちを取り巻く環境も昔とは様変わりしている。親子のつながり、上下関係といったものを見直すためにも寺子屋復活を考えた。寺に若い人、子どもたちを呼び込む機会にもなると考えた」と語る。

 第1回は07年夏に開催し、今年に入って夏の流しそうめんイベントを行い、今月21日には第3回として「こども報恩講」を開いた。浄土真宗の開祖・親鸞の命日を記念して毎年11月に行われるが、今回は学び遊ぶイベントとしてこの日に設定した。

 教えの一端を法話として語り、ビデオ鑑賞の後はお楽しみの時間。小学1−6年生の参加者20人は自己紹介を兼ねたゲームをして仲良くなり、一緒にカレーを作って昼食を取り、輪投げゲームなどで盛り上がった。報恩講の前夜を指す「大逮夜」から「おたいやケーキ」も振る舞われ、クリスマスに負けない楽しい一日を過ごしていた。
[PR]
by riptulip | 2008-12-24 21:26

新テロ特措法再可決に反対 「真宗遺族会」が集会

 浄土真宗本願寺派を中心とした僧侶や門信徒の有志グループ「真宗遺族会」は17日、新テロ特別措置法案が衆院で再可決されたことへの反対を訴えて、京都市中京区の鴨川河川敷で野外集会を開いた。

 菅原龍憲代表(68)=佐賀市、正蔵坊住職=ら会員のほか真宗大谷派の僧侶を含む8人が参加。菅原代表は、インド洋で海上自衛隊の給油活動を延長する新テロ特別措置法について「米軍を中心としたアフガニスタンでの戦争に、日本が加担する側の一員であることを忘れてはならない」と述べ、給油活動の中止を訴えた。
 引き続き参加者は「世のなか安穏なれ」と掲げた横断幕を掲げ、河原町通や四条通をデモ行進した。
[PR]
by riptulip | 2008-12-17 21:36

浄土真宗本願寺派、新総務を選任

 浄土真宗本願寺派(本山・西本願寺、京都市下京区)の不二川公勝総長は17日、宗派の閣僚にあたる総務3人を選任し、大谷光真門主が同日付で任命した。宗会の解散に伴う宗会議員選挙後、不二川総長が引き続き信任されたことに伴う措置。継続の総務2人と合わせ、計5人の総務が決まった。新総務は次の通り。(敬称略)

 宮崎憲之(70)=北海道比布町、弘誓寺住職、継続▽橘正信(66)=岐阜県本巣市、圓勝寺住職▽園城義孝(65)=長崎県南島原市、常光寺住職、継続▽本多隆朗(65)=大阪府茨木市、称名寺住職▽那須野淨英(58)=滋賀県東近江市、弘誓寺住職
[PR]
by riptulip | 2008-12-17 21:35

仏教の総合博物館、龍谷大に11年開館

 龍谷大(京都市伏見区)は11日、浄土真宗本願寺派本山・西本願寺の東側に、仏教総合博物館「龍谷ミュージアム」を建設すると発表した。

 2011年4月開館の予定で、同大学所蔵の国宝や、同派が明治、大正時代に中央アジアへ派遣した日本最初の学術調査隊「大谷探検隊」によるコレクションなど約170万点を展示する。

 11年の親鸞聖人750回大遠忌(だいおんき)と大学創立370周年に合わせた事業。約33億円を拠出し、1670平方メートルの敷地に鉄筋コンクリートの地下1階地上3階(延べ約4400平方メートル)を建設する。
[PR]
by riptulip | 2008-12-17 21:34