<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

本願寺派宗門校学生らが帰敬式

 浄土真宗本願寺派本山・西本願寺で20日、卒業を控えた宗門校の相愛学園(大阪市)の生徒や学生が、仏門への帰依を誓う「帰敬式(おかみそり)」を受けました。
 卒業後も信仰を持ち続けてもらう目的で、同学園の高校、短大、大学から希望者を募って毎年実施しており、今年は185人が参加したそうです。
 午前10時、阿弥陀堂に集まった出席者たちは、白い数珠を手に、「仏、法、僧」に帰依することを誓う三帰依を唱え、大谷光真門主が、手を合わせる1人1人の頭に、金色のかみそりを3度髪に当てる儀式です。
 式で終わらせることなく、今後も信仰心を持ち続けてもらいたいものです。
[PR]
by riptulip | 2006-02-20 21:34

テレビドラマ「白夜行」の歎異鈔の謎

TBS系のテレビドラマ「白夜行」が人気を集めています。
東野圭吾の人気推理小説が原作ですが、このドラマの中で武田鉄矢が演じる刑事が、なぜか「歎異鈔」をブツブツしゃべるシーンが連発しています。

たとえば、第一話では「我が心のよくて、人殺さぬにあらず。また害せじと思うとも、百人千人を殺すこともあるべし」(13章)、
2月16日放映分では「苦悩の故郷はすてがたく、いまだ生まれざる浄土は恋しからず候」(9章)
さらに「悪をもおそるべからず.弥陀の本願をさまたぐるほどの悪なきがゆへに」もあったそうで、何ら意味も説明もなく、ただしゃべるだけなので、見ている人は「なんだろう?」と思っているようです。
今後も、要チェックでしょうか?
[PR]
by riptulip | 2006-02-18 21:26

広島・梵が紅白戦で二塁打2本

浄土真宗には直接関係がないのですが、一応……。

広島の大学・社会人ドラフト3巡目・梵英心内野手(26)が日南キャンプの16日、紅白戦で二塁打2本を放ちました。この日、広島から応援にかけつけた住職の父・照英さん(58)の前での快音連発しました。
 スポーツ新聞では、「仏さまがバックについていれば、怖いものはない!? 」とか「父は飛行機の都合で試合は見られなかったが、“念”だけは息子に送っていた? 」とありました。なんだか仏教が茶化されているようで、いい感じはしませんが。
[PR]
by riptulip | 2006-02-17 20:43

柱補強へ屋根をジャッキアップ 東本願寺・御影堂

 修復中の真宗大谷派本山・東本願寺の御影堂で2月9日、構造補強工事のジャッキアップ作業が始まりました。内陣部分の屋根を支える梁などを数センチ持ち上げ、破損の目立つ柱の補強を行う目的です。
 御影堂は1895(明治28)年の再建。木造建築としては世界最大級で、瓦ぶきの屋根の総重量は約6000トン。このため内陣の屋根を支える中柱(直径約90センチ)2本にはそれぞれ188トンもの重さがかかり、2本とも上部で「くの字」に曲がっているそうです。
 補強工事では、中柱の周辺12カ所に鉄骨の支持構台を組み立て、屋根や梁の重みを一時的に支えます。同時にこれ以上の屈折を防ぐため中柱を鋼材で補強し、鉄骨の梁を新たに設けて近くの木柱に重みを分散させるそうです。

 この日は内陣の上部にあたる屋根裏で、手動式の油圧ジャッキ45台を使い、約4時間かけて巨大な梁11本を数センチ持ち上げました。
[PR]
by riptulip | 2006-02-09 21:53

西本願寺・大谷門主が、学生の疑問に返答集

 浄土真宗本願寺派の大谷光真門主(60)が、立命館大で講義した際、寄せられた質問に対する返答集を冊子にまとめ、学生らに配りました。門信徒約1000万人の日本最大の伝統教団トップが、外部の人たちの疑問に答えるのは極めて珍しいことです。出版が検討されているとか。
 A5判、151ページで、101の質問と回答を掲載。受講生からは「大谷さん自身、阿弥陀如来の存在を感じたことはありますか」と門主自身の信心への問いもあり「念仏をとなえる時、阿弥陀如来が私にはたらいていてくださると感じます」と書いています。
 また、キリスト教徒と仏教徒の結婚が可能かどうかについては「仏教の教えに、他の宗教の人と結婚したらいけないとは書いてありません。ただ、宗教が違うと意見が分かれ、解決にエネルギーが必要になるでしょう」と答えていますが(それは誰でもそう答えるような……)
 宗教の根幹にかかわる質問では、宗教の存在意義について「人間として不安を克服し、より充実した生き方を与え、導くもの」と説明。カルトと宗教の違いは「勧誘の方法、リーダーの発言内容、高額な献金の有無などを見極めることが一つの基準」としているそうです。
[PR]
by riptulip | 2006-02-02 20:44