大谷派 宗務総長に安原氏選出へ

 任期途中で辞意を表明した真宗大谷派の熊谷宗恵宗務総長(70)の後任に、宗議会議長の安原晃氏(76)が選出される見通しが29日、強まった。

 宗議会の最大会派「真宗興法議員団」がこの日、代表に安原氏を選んだ。30、31の両日に開かれる臨時宗会で熊谷宗務総長が辞任を正式表明し、後任の指名投票が行われる予定。議席の過半数を占める同議員団は一致して安原氏を指名する、とみられる。
 安原氏は宗議会議員5期目。宗派の閣僚に当たる参務のほか、真宗教団連合事務総長や全日本仏教会理事長を歴任した。自坊は新潟県長岡市の安浄寺。
[PR]
by riptulip | 2008-10-30 21:53
<< 死刑確定者らの作品を展示「いの... 真宗仏光寺派:渋谷・大裏方が門... >>