西本願寺の布袍 カラー化へ

浄土真宗本願寺派の宗会は、28日に開いた最終の本会議で、試行中の「カラー布袍」の着用について、4月1日から正式に認めることを賛成多数で可決しました。
 色は、セピア(茶色)、松葉ねずみ(緑色)、チャコールグレー(灰色)の3色。
 宗会では、いくつかの地方教区から反対の建議があったことなどから強い反対意見も出ましたが、採決では、出席議員72人のうち反対は10人前後にとどまり、採択されました。
[PR]
by riptulip | 2007-03-02 21:29
<< 岡崎の大谷派別院で「打敷」展 西本願寺の門徒式章 一部誤り >>