大谷光道氏が法人格を取得 「本願寺」設立

 真宗大谷派の大谷暢顕門首(76)の弟で故光暢前門首の四男の光道氏(62)が宗教法人法に基づく法人格を1日付で取得し、これまで宗教活動を続けてきた右京区嵯峨鳥居本北代町に、新たに「本願寺」を設立したことを発表しました。
 光道氏の「本願寺」は単立で、光道氏は代表役員で住職に就き「法主(ほっしゅ)」を名乗ります。光道氏は「父は大谷派の教義をただそうと苦心していた。東本願寺の伝統を守っていきます」と話しています。

 光道氏は大谷派の内紛に絡み、1982年に門首継承権のある連枝を解かれています。一昨年3月に東本願寺を退去しました。
 本願寺は浄土真宗本願寺派の本山・西本願寺の正式名称でもあり、また光道氏の兄の暢順氏(77)が法主に就く「本願寺」が伏見区下鳥羽にあります。
[PR]
by riptulip | 2007-02-08 20:13
<< 西本願寺が法衣のカラー化を検討 柳沢発言に本願寺派が抗議 >>